令和4年度脱炭素社会を支えるプラスチック等資源循環システム構築実証事業〈採択事業(一次公募)〉

Plastics Smart令和4年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金
脱炭素社会を支えるプラスチック等資源循環システム構築実証事業

〈採択事業(一次公募)〉

 

プラスチックの資源循環の推進するため、化石由来プラスチックから再生可能資源への素材代替やリサイクルが困難な複合プラスチック等のリサイクルについて、技術的課題を解消するとともに、エネルギー起源CO2の削減を図るために、「令和4年度脱炭素社会を支えるプラスチック等資源循環システム構築実証事業」(補助事業)において、当該技術・プロセスの実証事業の公募を令和4年4月15日(金)~同年5月23日(月)の期間で実施しました。

 

この度、同事業に応募のあった案件について、申請書類による事前審査及び有識者で構成される評価審査委員会における審査を行い、採択すべき事業を選定したのでお知らせします。

1.「令和4年度脱炭素社会を支えるプラスチック等資源循環システム構築実証事業」の公募概要

環境省では、低炭素社会及び循環型社会構築に資するプラスチック資源循環システム構築の加速化を図るため、従来型のプラスチック利用を段階的に改めることとし、化石資源由来のプラスチックを代替する再生可能資源由来のバイオプラスチック等への転換を推進しています。

また、従来リサイクルが困難であったプラスチック等素材に対するリサイクル技術・システムの高度化を図り、プラスチック資源循環システム全体でのエネルギー起源CO2排出の抑制を目的とした以下の事業を行います。

① 化石由来プラスチックの代替する省CO2型バイオプラスチック等(再生可能資源)への転換及び社会実装化実証事業
② プラスチック等のリサイクルプロセス構築及び省 CO2化実証事業

 

2.選定結果

本事業(補助事業)の公募(一次公募)に対し19件の応募があり、申請書類による事前審査及び有識者で構成される評価審査委員会による審査を行った結果、以下12件(代替事業6件、リサイクル事業6件)の事業について選定しました。

事業者名
(五十音順)
事業名 事業の概要
① 化石由来プラスチックの代替する省CO2型バイオプラスチック等(再生可能資源)への転換及び社会実装化実証事業
株式会社ウッドワン 植物原料を活用した木質材料用接着剤の開発とその実用化に向けた実証事業 脱炭素社会構築に向けて「都市の木造化」「内装の木質化」が推進されており、今後、さらに木質材料の活用が進む。この木質材料に使用されている化石由来の合成樹脂接着剤の一部を木材樹皮に代替するために低コストで品質安定性のある樹皮粉砕製造プロセスと接着条件について実証を行う。
王子ホールディングス株式会社 非可食バイオマスを原料とした国産バイオマスプラスチックのフィルム等開発実証事業 非可食バイオマスである木質由来のポリ乳酸で、石油由来プラスチックを代替する。本事業では、木質由来ポリ乳酸の収率向上、製造スケールアップに伴う課題解決、ユーザーワークを踏まえての品質改良に関わる検討を行い、国産バイオマスプラスチックのフィルム等開発実証を行う。
草野作工株式会社 微生物セルロースナノファイバー複合化植物樹脂の社会実装実証事業 甜菜由来糖蜜から自社製造される微生物セルロースナノファイバー(BCNF)を独自技術により植物樹脂と複合化し化石由来樹脂代替となりうる植物由来強化樹脂の製造実証を目指す。本事業では各工程の技術的課題解決と量産体制確立に向けた実証を行う。
株式会社三義漆器店 ポリ乳酸&ヘミセルロースポリマーアロイの薄肉射出成形技術開発とリサイクル技術実証事業 PLAにヘミセルロースを混合し、超臨界CO2を溶解させ、多数個取り金型で薄肉容器を射出成形する技術を開発する。また、これまで真空成形や繊維等に用途限定されていたPLAを、射出成形による高付加価値製品として市場コストにマッチさせる量産技術を実証、併せて廃棄成形品の粉砕、リペレット化の実証を行う。
株式会社事業革新パートナーズ 植物由来バイオマスプラスチック繊維による化石由来プラスチック繊維代替実証事業 本事業では、化学合成繊維用の化石由来プラスチックペレットを植物由来の糖材料を活用した繊維グレードバイオマスプラスチックペレットに代替することを目指し、実用化に向けた課題解決(物性改良)を行うと共に繊維生地加工の実証を行う。
日清紡テキスタイル株式会社 生分解性を有する不織布を使用した農業用マルチシート及び育苗ポットの実証事業 綿及び再生セルロース等の植物由来材料、及びそのリサイクル材料を原料とする不織布を使い農業用マルチシート及び育苗ポットを製造し、素材の種類による利便性(価格、機能、使い勝手等)の確認とその改善方法についての技術実証を行う。
② プラスチック等のリサイクルプロセス構築及び省 CO2化実証事業
株式会社神鋼環境ソリューション 廃プラスチックのガス化及びメタノール化実証事業 廃プラスチックには金属やがれきなどが多く含まれるため、依然その多くは単純焼却あるいはサーマルリサイクルされている。これら雑多な廃プラスチックのケミカルリサイクル技術の構築を目指し、流動床式ガス化炉によってこれらを処理・ガス化したのち洗浄・改質し、基幹化学品であるメタノールの合成に適したガスを生成する実証を行う。
東武化学株式会社 壁紙製造設備の清掃残渣(廃ペーストゾル)リサイクルプロセス実証事業 壁紙製造設備の清掃時に発生する廃棄ペーストゾルは現状焼却処理されている。本事業では塩化ビニル樹脂と希釈剤が混合された廃ペーストゾルを蒸留操作によって固液分別を行い、蒸留残渣は建材の塩ビ系床材原料として、蒸留液は再び壁紙原料希釈剤としてマテリアルリサイクルする実証を行う。
日揮ホールディングス株式会社 廃プラスチック高度リサイクル実現に向けた油化ケミカルリサイクル実証事業 商用機を模擬したロータリーキルン型のプラスチック油化装置を導入して、様々なプラスチック原料を用いて油化を行う。従来の容器包装リサイクル法にて分別回収された廃プラスチックから、原料の受入れ範囲を拡大した際の運転安定性および熱分解油性状への影響を把握し、廃プラスチック原料多様化の実証を行う。
宏幸株式会社 FRP(繊維強化樹脂)を原料とする風車ブレードリサイクル実証事業 風力発電所解体で発生する風車ブレード(羽部分)は現状焼却処理されている。本事業では、ブレード切断後の工場運搬、パウダー化および塩化ビニル樹脂との混錬成形プロセスによって、敷板・トタン屋根代替品等の合成樹脂建材へのリサイクルプロセスを実証する。
三菱鉛筆株式会社 筆記具に由来するプラスチック等の回収・再資源化による省CO2化実証事業 実証事業者が自ら販売したペン(ボールペン、マーカー等)を回収して再びペンの原材料として用いる「水平リサイクル」の実証を行う。回収・輸送・再資源化それぞれの工程において設定した技術的課題に対する目標を達成するとともに、CO2排出量の削減効果を検証するための実証を行う。
三菱ケミカル株式会社 ポリカーボネートの高度ケミカルリサイクルプロセス実証事業 ポリカーボネート樹脂(PC)のリサイクル比率向上の為に、マテリアルリサイクルに適用できない不純物や劣化部を含む低品質の廃PCを原料とし、分解によって得られたリサイクルモノマーを高品質のPC樹脂に再生する高度ケミカルリサイクルプロセスの実証を行う。
お問い合わせ先
2022年度執行団体:一般社団法人日本有機資源協会(担当:菅原、森田、本多、遠藤、寺林)
〒104-0033
東京都中央区新川2-6-16 馬事畜産会館401号室
TEL: 03-3297-5618   FAX :03-3297-5619
E-mail:  pla2022@jora.jp