社団法人日本有機資源協会
バイオマスマークQ&A

Q3−9.

バイオマスプラスチックの原料用にトウモロコシの栽培量が増加すると、生態系の破壊などの影響はないの?

将来、バイオマスプラスチック原料用にトウモロコシ等の穀物の生産量を増やすとなると、穀物生産用の畑を整備するのに、森林伐採や、土地利用方法の変換をする可能性があります。この場合、生産地の生態系へ与える影響を十分に考慮する必要があります。

ただし、これはバイオマスプラスチックに限った問題ではなく、資源作物等のバイオマスを利用する製品(バイオエタノールなど)のほか、食糧用の農作物の生産量が増加する際にも同様のことが言えるので、共通の課題として検討を進めていくことが必要です。

Copyright (C) 2006 JORA All rights reserved.