ニュース一覧

年頭の挨拶

あけましておめでとうございます。

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

 

昨年は、日本を含め世界中で新型コロナウイルス感染症が発生し、今も感染拡大防止に万全が期されておりますが、社会経済や日常生活において多大な影響を受け、コロナウイルスに翻弄された一年でした。

 

本年は、人口、食糧、環境、資源エネルギーなど持続可能な循環型社会の形成が人類の課題である21世紀が始まって、時の流れは早いもので20年目の年となりました。

この様な課題解決にむけてバイオマス活用推進基本計画、エネルギー基本計画等の見直しが予定され、さらには菅総理が表明された2050年実質カーボンニュートラルの実現に向けての施策が打ち出され、バイオマス活用の推進が大きな転換点の年になることが想定されます。

 

日本有機資源協会は、わが国におけるバイオマス活用事業を総合的に推進する団体として、会員各位のお力を結集して、産業界・学界・国・地方自治体とのネットワークを活かし、政策提言、共同研究、普及啓発、人材育成等の事業を実施しておりますが、引き続き着実に推進してまいる所存でございます。さらに、環境への関心の高まりの気運を背景に、自らも調査研究を行い、技術革新や社会情勢の展開状況を踏まえて、年の早い段階で、2021年度からの中期計画を作成し、広く社会に貢献できる自主事業を創設していきたいと考えています。

 

日本有機資源協会は、技術力を磨き、世の中に信頼され頼りにされる組織になる努力を継続し、連携の力で豊かな未来を創造し、SDGs、バイオエコノミー、地域循環共生圏、災害時におけるレジリエンス強化の推進に貢献してまいります。様々な観点から、ご指導、ご協力賜れば幸いに存じます。

 

さて、今年は、「辛丑(かのと・うし)」の年です。丑年は、「我慢」、「これから発展する前触れ」になる年と言われています。コロナ禍での痛みを伴う衰退を乗り越えて、希望に満ちた新たな年になりますよう切に願っております。

2021年が素晴らしい年になりますよう、皆さまのご健勝とご発展をお祈り申し上げます。

 

 

2021年元旦

 

一般社団法人日本有機資源協会

会長 牛久保明邦

 

 

カテゴリ

アーカイブ

2021年
1月
2020年
12月 11月 10月 9月 8月 3月
2019年
11月